今年もヴァションは4月~5月にかけて、
カリフォルニアワイン・バイ・ザ・グラス・プロモーションに参加します!

「バイザグラスBy The Glass」とは
「グラスで飲む」という事。
カリフォルニアワインをグラスで楽しむプロモーションです。
カリフォルニアは米国の西海岸。
オレンジをはじめ、農作物や酪農が盛んですが、
輸出だけではなく地産地消や、オーガニックといった

身体にもよく

地球との共存といった観点からも

先駆けている取組みをおこなっている
世界中から注目されている地域です

unspecified

 

 

 

 

 

 

 

 

ワインにおいても、
サステイナブルな(環境にやさしく持続可能な方法の)造り方を
積極的に取り入れており、

ブドウは青い空のもとで
健全にすくすくと育てられています。

IMG_2297

 

 

 

 

 

 

 

広大なエリアに広がる畑ですくすくと育ちます…♪

カリフォルニアにおけるワインの歴史は、1700年代後半から。
さらにそのクオリティーが世界から注目されるようになったのは
ここ30年程と、
ヨーロッパの歴史に比べると非常に短く、最近のことです。

しかし、たぐいまれな土壌で栽培される
高品質なブドウはもちろん、

先進的な技術や、革新的な製造方法により

ワイン大国のフランスやイタリアから
カリフォルニアへ学びに来るなど、
今ではカリフォルニアは
ワイン産業をリードする存在になっているのです!

カリフォルニアワインの魅力は

たっっっっくさんあるのですが

まず挙げられるのが味わいの多様性。
100程産地に100種類程のブドウが栽培されていると言われています。

飽きませんね~。
さらに、同じブドウの品種でも
味わいに個性があるのもカリフォルニアワインの魅力です!
太平洋プレートと、アメリカプレートがぶつかる所にあるため、
長い年月をかけ動いた大地は複雑な土壌構成を造りだしました。
エリア毎に違う成分をもつ土壌で育ったブドウには味わいの違いが現れます。

縦に長~いカリフォルニア州。
エリアによって気候も異なります。

気温や降水量、霧などの条件によって、
ブドウの熟し方が異なり、味わいに違いが生まれます。
土壌、気象条件から
安定した高品質なブドウ栽培が可能なため、
カジュアルなワインでも非常に質の良いものが造られています。

IMG_2298

 

 

 

 

 

 

 

 

 
そんなカリフォルニアのワイン。

当店でもグラスで使用していますが、
まだまだレストランやバーで目にする機会は多くありません。
グラス売りは特に…。

せっかくの素晴らしいワイン。
もっと気軽に楽しんで欲しいと思い、
ヴァションは毎年このプロモーションに参加しています♪

特に2名、3名でワインを飲む時、ボトルでオーダーすると
その1本で終わってしまう方も多いのではないでしょうか?

グラスワイン6杯分=ボトル1本

と考えると
グラスだと6種類のワインを楽しむことができるのです♪

スパークリング⇒白ワイン⇒赤ワインと飲み続けても良し◎

白ワイン同志/赤ワイン同士を飲み比べても良し◎

頻繁に通って1種類ずつでも良し◎(←大歓迎)
お気軽にお楽しみいただけたらうれしいです(^ ^)/p

わからないことがあれば、スタッフまで聞いてくださいね♪

★グラスワインのリストはこちら